フリーランスがSES契約で働くメリット

フリーランスエンジニアの中には人材サービスを利用してSES契約の仕事を受注する人もいるでしょう。
そのほかに請負契約や派遣契約といった雇用契約もありますが、フリーランスエンジニアにはSES契約が向いていると言われています。
ではSESにはどのような魅力があるのでしょうか。
SESとは契約した期間中、契約先企業に常駐して設計・開発・テストなど、必要な技術提供を行う雇用契約を指します。
請負契約のようにプロジェクトを完成・納品させる義務はなく、ITエンジニアとして求められる事務作業を提供すれば報酬が支払われます。報酬は一定期間(基本は1ヶ月)ごとに発生するので、資金不足に陥りがちな個人事業主にとっては魅力的です。
SESは契約期間内とは言え、契約先企業の正社員という身分が手に入るので安心して働けるのが魅力です。
またSESでは契約期間中に、常駐先の企業が変わることは殆どありません。そのためビジネスマナーを身に付けたり、大きなプロジェクトに関わったりすることも可能となります。
フリーランスのエンジニアにとって様々な魅力があるSES契約ですがデメリットも存在します。
例えば契約期間が終了する度に、新しい案件を探す必要があるという点は大きな負担となるでしょう。案件が変われば常駐する企業も変わるので、その都度適応する必要があります。
様々な企業に常駐できるという点はスキルアップなどに繋がりますが、新しい常駐先の社員と合わない可能性もあります。